結婚指輪の購入時期

結婚指輪を購入する時期は一般的に挙式の1年前から遅くても3か月前までに購入をする人がほとんどです。よく勘違いをされることなのですが、結婚指輪というのは購入することを決めてその日に買って受け取れるものではありません。自分のサイズに合うものが店頭になければ取り寄せの必要がありますし、取り寄せて実際に指にはめてイメージと異なればまた選び直すこともあります。さらに、指輪に刻印をする場合には、その期間を待つことも必要です。そのため、購入すると決めてから受け取りまでは少なくとも3週間から1か月は見ておくことが必要です。さらに、この待つ期間は人気のお店になればもっと長くなることもあります。そのために購入するのは早めの方が望ましいのです。

また、購入した指輪を受け取りに行くのも、結婚式前になると多忙になりなかなか思うように受け取りに行くことができないことが多いです。特に3か月前には結婚式の準備や新居の準備で休日は全てその打ち合わせや衣装合わせ、準備に時間を割くことになる場合が多いです。そのため、それより前に受け取りに行くことができることが望ましいです。自分たちで受け取りに行くことができること、そして結婚式に必ず間に合うことを考えると、3か月前には指輪の受け取りができるようなペースで購入できることが理想的です。

結婚指輪を探す

結婚指輪を探す際に、どのくらいの時期から探し始めると良いのでしょうか。これは、カップルによって異なるものですが、意外と指輪探しが難航するということが多くあります。毎日身につけるものですし、多くの人が一生に一度の購入となるものなので、それぞれにこだわりがあってなかなか二人共が気にいるデザインがないこともあります。また、人によってはアレルギーによって身につけることのできる材質が限られることもあります。そこにさらに予算も相まってしまうと、二人共が気にいるものは見つかりにくく、どこかでどちらかが妥協をしなければならないことも出てくるものなのです。

購入時期のことを考えると、結婚を決めた時から少しずつ時間を見つけて指輪のことを話し合っておくことが望ましいです。まずは、インターネットや雑誌を見てお互いにどのようなデザインが良いのかといったことを話し合ってみたり、お互いに気になるブランドのものをチェックしたりということから始めてイメージができたところで実物を見て確認することが効率よく進められてオススメです。

外部リンク→ガラ おかちまち|ジュエリー・結婚指輪(マリッジリング)・婚約指輪(エンゲージリング)

実物を見てお互いに気にいる物がなければ、お互いに譲り合って同じデザインのものを選ぶようにするのか、はたまた同じブランドで異なるデザインのものにするのか、もしくはオーダーでお互いの木にいるようなデザインのものを作るのかといったことを話し合っていき決めていきます。

結婚指輪の準備

交際していたカップルが結婚することを決めたらしばらくは幸せな空気に浸ることができるのかと思いきや、そこから一気にたくさんのことをする必要がありとても慌しい生活が始まります。両親に結婚の報告をしたり、結婚前の両家の顔合わせ、結婚式場を抑えたり式の準備もしなければならないですし、新生活に向けての新居探しやその家財道具の準備もあります。これ以外にも、結婚にあたって結納をする場合にはその準備も必要ですし、新婚旅行に行くならばその準備と計画も必要です。多くの人が、結婚を決めて入籍や結婚式までの準備期間を1年としていますが、その1年間は仕事と並行して全てを行うためにかなり忙しいものになるのが一般的です。

結婚式前はカップルで色々決めなければならないことがたくさんあります。結婚式については全てのことで自分たちのチェックが必要であるために面倒に感じてしまうことも多々有ります。また、決めるにあたって二人の意見も合わないことも多々有ります。さらに、それにお金や親族の意見も関わってくるために気持ち良く決められないこともありますし、時には妥協も必要なことが出てきます。忙しい中で決めることも多いですし、結婚式直前になると休日は全て結婚式や引っ越しの準備に追われてしまうことも多く自分たちのことは後回しになりがちです。そこで、ここでは結婚準備の中で準備のタイミングを見失いがちな結婚指輪を準備するタイミングとその準備の際の注意点について紹介をしていきます。